HPI×アニメーションムービー制作工房

アニメーションムービーの制作はPCテクノロジーの発達により、特殊な環境、機材を必要とせず個人でも決して不可能では無いくらいに制作可能なジャンルとなりました。

株式会社エイチ・ピー・アイでは、アニメーションムービーを個人で出来る新たな表現手法のひとつとして重視し、その制作過程をサポートする事を活動のひとつとして捉えています。

 

ひとくちにアニメーションムービーと言ってもその種類、目的等は細分化されます。

 

まずはアニメーションムービーの種類について解説します。

1) 立体物を用いた表現手法

人形アニメ(パペットアニメーション)

 
人形を少しずつ動かしてコマ撮りを行い連続で再生します。


 

粘土アニメ(クレイアニメーション)

 粘土を形作り、少しずつ動かしてコマ撮りを行い連続で再生します。

 

ピクシレーション

実写で人体を少しずつ動かしてコマ撮りを行い連続で再生します。


2) 平面物を用いた表現手法

セルアニメーション

背景画の上にセル画(透明なフィルムシート)を重ねて描き撮影し連続で再生します。

 

切り絵アニメーション

切り絵を少しずつ動かしてコマ撮りを行い連続で再生します。

 

ペーパーアニメーション

1枚の紙に描く手法。セルアニメとの違いは重ね描きができないことです。

 

ピンアニメーション

無数のピンの凹凸で表現する手法

 

 


3) カメラを使用しない表現手法

 

CGアニメーション

 

PC上でコンピュータグラフィックスを生成し動画として構築した手法。

 

 

(以下記事工事中)